よくあるご質問

よくあるご質問

漂着ゴミを回収する袋について

現在ウキブイでは、2種類の漂着ゴミ用回収袋(可燃ゴミ、不燃ゴミ)を使用しています。
(参加者の皆様により良い環境でビーチクリーンを楽しんでもらうべく、実は役員達が別々で梱包してあるこの2種類のゴミ袋を、夜な夜な折々しまして、セットにしたものをお渡ししています)


結論から申し上げますと、現状はこのゴミ袋が得策と考えております。

僕らは2005年7月より活動しており、経験から生まれた僕らのマニュアルに基づき改善を繰り返し、今があります。
ご説明不足だった点も多く有り、申し訳なく感じています。
沢山のご意見やご提案は、本当に嬉しい限りです。
僕らも更に成長させていただいてます。

ですので今回も理由含め、下記に記載してみました。
ご一読くださり、ご理解していただいた上で、更に密度の濃いご意見・ご提案をいただけますと嬉しい限りです。

茅ヶ崎ヘッドランド海岸の漂着ゴミ状況から考えると少し大きめなことは僕らも理解していますが、これでも15年前にご提供いただいていたゴミ袋と比べると、若干小さくなりました。
持ち手も付いており、使い勝手も良く、重宝しています。
また、こちらのゴミ袋は、(公財)かながわ海岸美化財団様から、無償でご提供していただいております。
回収した漂着ゴミについても、(公財)かながわ海岸美化財団様に回収・廃棄をしていただいております。

そのような中、時折ご参加いただく方から、ゴミ袋についてのご意見・ご提案をいただくことがあります。

①「もう少し、小さい袋にした方が良い」
②「2種類もいらない」
③「再利用可能。エコバッグのような袋を使用するのはどうか?」
④「ゴミ袋自体が、ゴミになる可能性もある」など、

ご尤もなご意見、貴重なご提案だと理解しています。
確かにその通りかもしれません。
ひとつづつ、僕から回答させてください。

①「もう少し、小さい袋にした方が良い」について、
一度や二度参加した方では、わからないこと、気づけないこともあるのかと存じます。
荒天後の開催、台風の後などは、この大きさのゴミ袋では間に合わない場合もございます。
写真は、約20名で回収した台風通過後時の漂着ゴミ

以前、状況に応じて2サイズ(大小)の袋をご用意することを検討した時期もありました。
ですが、新たに小サイズを製作するとなると以下の懸念点があがりました。
・費用がかかること。(前出の通り、通常サイズのゴミ袋は無償でご提供していただいております)
・ウキブイ大作戦を実施する上で、ご提供する飲み物含め部材なども多く、荷物の搬入が大変なこと。
ご参考までに、下記写真の部材を毎回の活動時に搬入しています。

多い時で300人が参加するウキブイでは、ゴミ袋を600枚ご用意しなくてはなりません。
大小サイズを用意した場合は、合計で1,200枚のゴミ袋を持参しなくてはいけなくなります。
これ以上負担が増えるのは、考えただけでも辛いです。
ご理解いただけますと助かります。

②「2種類もいらない」について、
(公財)かながわ海岸美化財団様にゴミの回収をお願いしている経緯もあり、回収後には可燃ゴミ、不燃ゴミとを選別・廃棄していただいているものと理解しています。
既に現状況でも、選別は大変かと存じます。
選別し、廃棄してくださる方のご負担を考え、漂着ゴミ回収の時点で可燃・不燃と選別できたらよりスムーズかと考えます。
ご理解いただけますと助かります。

③「再利用可能またはエコバッグのような袋を使用するのはどうか?」について、
こちらも大変素敵なご提案だと感じました。
しかしながら、使用後の洗浄、衛生面、エコバッグの入手方法、購入費用などを考えると現実的ではないかと思います。
洗浄のお手伝いをいただけるようであれば、僕らも前向きに検討したいと存じますので、宜しくお願い申し上げます。

④「ゴミ袋自体が、ゴミになる可能性もある」について、
通常時の回収量であれば、確かにその通りかもしれません。
現在、トウモロコシからできたバイオプラスチック製のポケットビニール袋の使用も検討しています。
こちらを使用することにより、「もう少し、小さい袋にした方が良い」というご提案にもお応えすることができるのではないかと考えています。

余談ですが、
バイオプラスチックの多くは、生分解性プラスチックとして、微生物によって水と二酸化炭素に分解されます。
また、植物が大気中の二酸化炭素を固定し生成された物質を使用して作られるプラスチックであるため、それを燃焼廃棄しても二酸化炭素の収支はゼロになるそうです。
その二酸化炭素を元に植物が光合成によって、デンプンを作り出し、デンプンからまた生分解性プラスチックの原料を作り出すことができるため、循環性も備えております。

まだまだ貴重なご意見・ご提案をお待ちしております。
以降ウキブイの進化含め、あたたかく見守っていただけますと幸いです。

各自の活動履歴について

受付の際に氏名をご記入いただいた方は、下記1〜2の手順で各自の活動履歴が確認できます。

1,各ウキブイ大作戦ページには「お名前検索で参加回を表示」が設置してあります。

2,「お名前検索で参加回を表示」にて、自分のお名前を入力し、検索いただけますと参加履歴が確認可能です。

ウキブイ大作戦 活動報告

近隣のトイレについて

下記が近隣マップになります。

子供の参加について

子供も参加できますか?とのご質問をいただくことがございますが、「もちろん!参加可能!」です。
小さなお子様も楽しめるミニゲームをご用意しております。また、希望者には参加証明書もお渡ししております。

茅ヶ崎ヘッドランド海岸までの公共交通機関について

茅ヶ崎駅南口 → 茅ヶ崎駅南口(バス停) → ヘッドランド入口(バス停)
バス降車後、江ノ島方面へ2~3分歩いていただき、第一中学校入口信号正面の茅ヶ崎ヘッドランド海岸が清掃場所となります。

近隣の駐車場について

お車でお越しの際は、第一中学校入口信号付近に「東海岸南自動車駐車場」がございますので、ご利用ください。
こちらは以下の料金が発生します(ウキブイスタッフも毎回下記料金を支払いこちらに駐車しています)
駐車料金(休日料金を記載)
520円(7月、8月以外の期間)
1,570円(7月、8月)
利用時間
8時30分から17時(7月、8月以外の期間)
7時00分から18時(7月、8月)
所在地 東海岸南六丁目8955番1
施設案内 駐車台数:60台

ヘッドランド海岸までは少し距離がありますが、茅ヶ崎公園野球場内には無料駐車場がございます。
詳細は下記リンクにて、ご確認ください。
茅ヶ崎公園野球場内 無料駐車場

当日の開催状況について

基本的に小雨程度であれば、雨天決行となっております。
しかしながら、荒天の場合や海岸の波や風の状況によっては参加者の安全を考慮し、開催を中止させていただく場合もございます。中止の場合は「午前8時頃」までに公式Facebookページにて、お知らせをさせていただきます。

参加証明書について

当日の受付時に記入していただいております参加者名簿内に「証明書の希望欄」がございますので、必要の有無をチェックしてください。
事前予約をしていただく際に「証明書を希望」と伝えていただきますと、当日の受付をスムーズに進める事が可能です。
※参加証明書は当団体で作成したオリジナルのものとなります。
※ウキブイ大作戦 vol.160(2019年3月)以降は、ウキブイ大作戦にてお配りするアンケートにご記入いただき、「アンケート送信画面」を見せていただいた方に限り、ウキブイ・ボランティア証明書を発行させていただきます。
ラフなアンケートです。ニックネーム可、全ての項目が「任意」です。
質問内容は、参加月、ウキブイを知ったきっかけ、参加理由、気になった漂着ゴミ、輝いていたスタッフ、本日の感想、ご意見、ご要望、お褒めの言葉等になります。
お褒めの言葉は、スタッフの励みにもなります。いただいたご意見、ご要望は今後のウキブイ運営にいかしていきたいと考えております。
なるべく多くの方のご意見を参考にしたいので、このような形に致しました。
お手間を取らせてしまいますが、ご協力・ご理解のほど、宜しく御願い申し上げます。

なお、後援を頂いている行政機関、証明書を配布した学生が通う学校などからのお問い合わせや確認連絡をいただくことが増えています。活動報告を円滑かつスムーズに進める為、証明書を希望される方や学生さんは所属されている学校名を受付時に記載していただけると助かります。

本活動については、行政からの後援を頂き正式な手続きを経て、活動を運営させていただいている為、参加証明書をお渡しする際は、本団体が「活動する時間(フルタイム)で参加していただいた方」へのみ、お渡しさせていただいております。
こちらもまた、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。